建築ブログ

建築物紹介

静神社

静神社 Shizujinnzya

茨城県那珂市静2

 

f:id:jiiyak:20201021202711j:plain

f:id:jiiyak:20201021202505j:plain

f:id:jiiyak:20201021202524j:plain

f:id:jiiyak:20201021202538j:plain

f:id:jiiyak:20201021202553j:plain

f:id:jiiyak:20201021202607j:plain

f:id:jiiyak:20201021202619j:plain

f:id:jiiyak:20201021202634j:plain

 

静神社は、鹿島神宮香取神宮とともに東国の三守護神され、

また常陸一の宮鹿島神宮に次いで二の宮と言われた古い神社とのこと。

 

銅板で造られた大型の神明鳥居。

その奥にある、長い階段の先に拝殿、本殿があります。

拝殿

軒先の反りと前方に張り出した向拝(こうはい)の反りの

バランスが良く安定感があるように感じました。

本殿

拝殿のような反りこそないものの、重厚感のある屋根

により近づくにつれその大きさ暑さに圧巻されました。

 

拝殿から社務所に続く通路にある屋根の破風板金が鱗の様に

なっており意匠性が高い点も見ていただきたいです。

 

是非一度足を運んでみてください。

 

越方神社

越方神社 Kosokatajinjya

茨城県久慈郡大子町大字相川1101

f:id:jiiyak:20201001174536j:plain

f:id:jiiyak:20201001174511j:plain

f:id:jiiyak:20201001174519j:plain

f:id:jiiyak:20201001174552j:plain

 

船枻造り(せがいつくり)と呼ばれる工法で軒先を深くしています。

この工法は和船のオールを受ける張り出し(船枻)に

構造が似ているためとそう言われています。

 

また意匠性を持たせる狙いがあるのかと思いますが

隅部の軒先に段が出いているのが特徴的でした。

 

 

船枻造りは一般木造住宅にも使われています。

是非探してみてください。

長福寺

長福寺 Tyoufukuji

茨城県久慈郡大子町大字頃藤3357

 

f:id:jiiyak:20200930175118j:plain

 

f:id:jiiyak:20200930175152j:plain

f:id:jiiyak:20200930175217j:plain

f:id:jiiyak:20200930175240j:plain


一階が平棰、二階が扇垂木で屋根が造られています。

 

扇棰は放射上に並べられた部材、

見上げた時に扇子の骨の様に見えます。


二階は地棰(下)と飛檐棰(上)による二間構造を用いて軒の出を深くしてます。

 

扇垂木は意匠性もありながら構造的にも考えられた素晴らしい構成。

なかなか見ることのないレア物です。

 

是非実物をご覧ください。